兎夢のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『「頭がいい人」は脳のコリを上手にほぐす』

<<   作成日時 : 2017/08/26 20:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

『「頭がいい人」は脳のコリを上手にほぐす』 保坂 隆 中公新書ラクレ
ストレスを受けて体調がすぐれなくなるのは、脳のコリをほぐすと改善されるという。

企業は従業員がストレスをどのくらい受けているのかをチェックさせて、病気の予兆があれば、適切な処置を施さなければいけない。社会的に、健康に働く人の数が多くなることは、少子高齢化の中で重要な課題でもあり、国としても取り組みを強化していく方向にある。

ストレスを多く受けているかどうかをセルフチェックできるならば、それに越したことはない。自分からストレスチェックをしようと思うくらいならば、そんなに深刻な状況ではないのかもしれないが、ストレスチェックの項目にどんなことがあるのかを知っておくことは、そういう状況になる前に記憶しておく方が効果がある。

 そこで、今のあなたがどの程度のストレスにさらされているのかをチェックしてみよう。
次の質問にイエス、ノーで答えてほしい。
1.最近イライラすることが多くなった。
2.仕事がつまらないと感じる。
3.いままでより食がすすまなくなった。
4.寝つきが悪く、ベッドに入ってもなかなか眠れない。
5.嫌な夢を見て、夜中に起きてしまうことがある。
6.人と会うのが面倒臭いと感じる。
7.お酒を飲む機会が多くなったり、酒量が多くなった。
8.ぼんやり考えこむ時間が長くなった。
9.午前中は特に憂うつな気分で、何もする気にならない。
10.仕事に行きたくないと思う。
11.帰宅してからも、仕事のことが頭から離れない。
12.遅刻したり、時間に遅れそうなことが多くなった。
13.仕事上のミスが増えた。
14.家族や同僚、友人とうまくいかなくなった。
15.新聞や雑誌の求人広告を見ることが多くなった。
さて、イエスがいくつあっただろうか。

私は、2つ、3つくらいあっているかな、程度の数でそれほどのストレスは感じていないようである。それなら、この本を読む必要ないのでは?と思いつつ、最後まで読んでしまったので、その先を少し書いておきたい。

さて、イエスの数と判断を見出しだけ取り出してみると次のようになる。

@イエスの数が11個以上あった人……ストレス過多で赤信号が点灯中!
Aイエスの数が4〜10個だった人……ストレス増加中で、黄色信号が点灯中!
Bイエスの数が3個以下だった人……青信号点灯中で、問題なし。

企業のストレスチェックは、毎年1回行って、その時の状況を把握するだけでなく、前年、前々年と過去との比較を行って、どう変化しているかを見ることも重要だ。

年々、イエスの数が増えるようでは、だんだん悪くなっているのであるから、何らかの対処をしていく必要がある。

ストレスを解消するには、「脳のコリをほぐす」ということだそうだが、その方法にも個人によりいくつかスタイルがあるという。

(1)積極行動型
(2)積極認知型
(3)気晴らし型
(4)あきらめ型
(5)回避型

本書には、それぞれの型に対して、状況説明が書いてあり、当たっているかどうかを採点して、各項目別に合計すると、自分がどの型になるかが、わかるようになっており、その型別に対処方法の例が記載されている。

例えば、最後の回避型の場合は、感情が内にこもりやすいので、できるだけ、友人や同僚に悩みを話すことだという。そして、

 もし話すべき相手がいないというなら、身体を動かして汗とともにストレスを発散したり、
休みを取ってリラックスするというのもいい。休みを取る余裕がないというなら、自己催眠
という手段もある。自己催眠の一般的な方法を紹介しておくので、寝る前の時間など、リラ
ックスしているときに試してほしい。
@ベッドに仰向けに寝たり、ソファーに腰をかけて目を閉じる。
A「自分の気持ちは落ち着いている」「手足が重い」「手足が温かい」「呼吸が楽になっ
 た」「みぞおちが温かい」「心臓の鼓動がゆっくりしている」「額が涼しい」という七つ
 の言葉を頭の中でくり返す、それが現実のものになるよう描いてみる。ただし、あ
 まり強く念じるのは逆効果なので注意したい。あせらずに「うまくいくときにはうま
 くいくさ」という軽い気持ちで続けるといい。
B身体に変化があらわれるようになったら、さりげなくなにかに意識を集中させてみる。

 この自己催眠を会得すると、自分の気持ちをコントロールできるようになり、気持ちの切
り替えも容易になる。さらに、考え方が柔軟になるため、ストレスにさらされたときにも、
いままでのようにひとつの解決方法にこだわらないですむようになる。

この後は、体質を改善していく方法、仕事によるストレスの違い、ストレスを吹き飛ばす生活術が紹介されている。

できるだけ、ストレスを感じないようにしていくことが必要ではあるが、適度の緊張をして生活に張りをもたせないと、老後にボケがきてしまう可能性もある。

新しいことに目をむけて、いろいろやってみるのがいいのではないだろうか?

世の中に溢れるモノやサービスはどんどん変化している。変化のスピードが自分の理解がついていかなくなってきそうであるが、その変化するモノやサービスの中で、一番興味を引くものに目を向けていくのがいいかもしれない。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『「頭がいい人」は脳のコリを上手にほぐす』 兎夢のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる