兎夢のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『デザインを科学する』

<<   作成日時 : 2017/11/23 22:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

『デザインを科学する 〜人はなぜその色や形に惹かれるのか?〜』 ポーポー・ポロダクション サイエンス・アイ新書
人工知能が映像を認識するのを考えると、人工知能の前に、人間はどう認識しているのかが気になってくる。

デザインがいいか、良くないか、そのメカニズムはほとんど解明されていないという。

 しかし、デザインの研究がいままでされていないわけではない。
視覚の機能や脳の働きについてはさまざまな研究が進んでいて、
そのしくみについて多くのことが明らかになっている。心理学や
大脳生理学の分野では、色や形に関する研究が昔から盛んに行わ
れている。感性工学という分野では、人が感じるイメージをもの
づくりに取り入れる研究も進んでいる。ところが、脳の中で、ど
のような基準でイメージをつくりだしているか、どのようなデザ
インが多くの人に評価されるかなどは、まだまだ研究途上でくわ
しくわかっていない。そこで、ここでは複数の科学的なアプロー
チを駆使し、評価基準やデザインに迫りたいと思う。

知覚のしくみの解説がされているのだが、長くなるので、一部を簡単に紹介すると

光が電磁波の一種で、ある波長のところが、人間に光として感じられる。
人間は、3つの波長を中心に380nm〜780nmの領域を光として感じている。380nmより短い方を紫外線、780nmより大きい方が赤外線となる。

人間は、明るいところで反応する錐体細胞と暗いところで反応する桿体細胞があり、錐体細胞は色により、L錐体(赤錐体)、M錐体(緑錐体)、S錐体(青錐体)があるという。

人間は錐体細胞の種類は3つなのだが、他の動物では、鳥類やは虫類は4色だったり5色というのもあるそうだ。

色と言語の認識などは干渉すると面白いことがおきる

 人は言語など、あまり考えずに自動的に使用している。その自
動化にある干渉が入ると、おもしろい現象が生まれる。
 その干渉についての実験をしてみよう。では、下記にある漢字
を読んでほしい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
黄色 赤 緑 青 赤 緑 黄色
−−−−−−−−−−−−−−−−−
 簡単に読めたと思う。では続いて、下記の●の色を順番に答え
てほしい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
       
−−−−−−−−−−−−−−−−−
 この問題も簡単にできたはずだ。上記2問のように、人間は目に入
った漢字や色を答えるのは瞬時にできる。では続いて、下記の文
字色を答えてほしい。文字名ではなく、文字の色名を答えてもら
えるだろうか。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
      黄色 
−−−−−−−−−−−−−−−−−
 上の2つに比べて時間がかかっただろう。このように文字の意味
と文字色など、同時に2種類の情報を処理しようとすると、脳内で
認知が干渉し合って反応が遅れる。これは単語を読むスピードが
色名を認知するスピードよりも速いために起こるといわれている。
文字色を答えようとしても、無意識に単語が目にとまってしまい、
瞬時に読める漢字を答えてしまいそうになる。この効果を心理学
では、「ストループ効果」と呼んでいる。

文字と色の関係は、重要である。

トイレの性別なども、一般的に多いのは、黒字が男性用で、赤字が女性用で
あるが、これが色と文字が逆になっていると、
  Man  Woman
性別を間違えてしまいそうである。

 色彩には、調和する配色比率があるという。

 色彩調和を考えるにあたり、色の面積比率に注目してみる。メ
インカラーは全体の70%、配色のサブカラーを25%で組み合わせ
る。それに5%のアクセントカラーを付け加えることで全体が締ま
り、バランスがとれる。メインカラーとサブカラーの組み合わせ
は、どのようなイメージを発信したいか、メインカラーのイメー
ジを活かすためにどのような組み合わせが心地よいかで決めると
よい。

70-25-5の比率というと
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
こんな割合になる。

色の配合について、抜き出してみたが、形についても本書では紹介されている。
基本的なデザインの考え方を理解すると、形式に従うことで、より効果的な
ものができるし、その形式を突き破ることで芸術作品にもなるのだろう。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『デザインを科学する』 兎夢のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる