兎夢のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『新版 人事の定量分析』

<<   作成日時 : 2018/04/28 21:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

『新版 人事の定量分析』 林 明文 中央経済社
人事部門のデータ分析は、どういう事をするのか、興味があって読んでみた。


 人事の問題・課題を把握するうえで、定量分析がカバーする範囲は非常に多
くあります。そのため定量分析を行わず人事の問題・課題は分析できないとも
いえるでしょう。定量分析を行うにあたり特殊なデータや入手困難なデータを
使用することは難しいため、損益データ、人事情報、外部情報など入手しやす
いデータを使用して行うことができる定量分析が企業の定常的な人事管理を行
ううえで使いやすいと思われます。このような分析は定期的に行うことが望ま
しく、基本的には1年に1回程度実施するのがよいでしょう。

本書では、次のような人事データを使った分析の仕方を解説している。


■人件費に関する分析
 ・経営指標による適正人件費分析
 ・人員構成観点からの適正人件費分析
 ・人件費連動性分析
 ・賞与連動性分析
 ・マンパワー費分析
■人員数・人員構成に関する分析
 ・生産性指標による適正人員数分析
 ・業務分析による適正人員数分析
 ・等級別人員構成分析
 ・年齢別人員構成分析
■給与水準に関する分析
 ・賃金ベンチマーク分析
 ・賃金範囲分析
 ・人材流動性観点からの分析
■人事制度に関する分析
 ・適正配分に関する分析
 ・キャリアスピードに関する分析
 ・評価に関する分析
■将来予測
 ・現行ベース将来予測分析
 ・計画ベース将来予測分析
■その他の分析
 ・HP、LP分析
 ・スキルに関する分析
 ・生産性に関する分析

自社のデータの分析を行う時に、他社との比較を行うことも必要である。
他社のデータを入手することは、難しそうであるが、財務省が毎年「法人企業統計調査」を実施しており、「財政金融統計月報」で業種別、資本金別に付加価値を算出できるという。

この他にも入手可能なデータには次のものがあるという。

◆◇公的機関による統計データ例
1.賃金構造基本統計調査(厚生労働省)
2.毎月勤労統計調査(厚生労働省)
3.賃金事情等総合調査(中央労働委員会)
4.職種別民間賃金実態調査(人事院)
5.国家公務員賃金等実体調査(人事院)
6.民間賃金実態統計調査(国税庁)
7.地方公務員賃金実態統計調査(総務省)
8.中小企業の賃金事情(東京都)
9.定期賃金調査(日本経団連)
10.標準勤続者賃金に関する調査(関西経団連等)
11.モデル賃金・賞与実体調査(労務行政研究所)
12.ホワイトカラー職種別賃金調査(労務行政研究所)
13.連合労働条件調査(賃金・一時金・退職金に関する調査)(連合)

賃金データを入手する場合に注意することは、調査対象者や賃金項目がどうなっているかだという。
例えば、正社員だけか、非正社員を含めた常用雇用者を含んでいるか、時間外手当や通勤手当が含まれているか等を確認しておく。

比較する場合に自社のデータの方をそれらに合わせた形に加工してから比較するためだ。

人員構成を年代別に分析していくと、日本の多くの企業では、中高年が多くなっていることが多いだろう。
日本全体の人員構成がそうなっているのであるから、企業の中でもそうなっている可能性は高い。

さらに細かく等級別に分析して、適正な配分になっているのかを調べていく。
さらには、将来にわたって適正化していくには、将来予測をして、採用人数の調整をしていく必要がある。










Excelでできる! 統計データ分析の仕方と人事・賃金・評価への活かし方
日本法令
深瀬 勝範

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Excelでできる! 統計データ分析の仕方と人事・賃金・評価への活かし方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

賃金・人事制度改革の軌跡?再編過程とその影響の実態分析 (MINERVA人文・社会科学叢書)
ミネルヴァ書房
岩崎 馨

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 賃金・人事制度改革の軌跡?再編過程とその影響の実態分析 (MINERVA人文・社会科学叢書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『新版 人事の定量分析』 兎夢のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる