兎夢のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『名場面でわかる日本の歴史』

<<   作成日時 : 2018/05/05 22:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

『名場面でわかる日本の歴史 〜1時間で読める〜』 小和田 哲男 知的生きかた文庫
いつもの読書タイムはほぼ通勤時間なので、連休になるといがいと本を読まない。

本は読まないのだが、活字は沢山読む。忙しくて積読になってしまった新聞。
1ヵ月以上たってしまって、すでに古新聞の部類に入ってしまったのを連休になって片付けている。2か月、3か月たつと政治とか3面記事などは状況が変わっていて読む必要がなくなる。どこを読むのかというと思にコラムとか趣味・教養・家庭面などの特集記事である。季節に応じたテーマも多いが、いつ読んでも構わないものもあるので、
そういう部分を読むのだ。だからしばらく時間が経っても読んでいない記事には目を通さないと捨てられない。

それで、結構な量が溜まってしまうのだ。それを連休になると読んでいるので、本は読まないのだ。

本を読まなかったので、今週取り上げる本のストックがない。
こんな時は、ブログを書き始める前に読んで、本棚にしまい込んである本を探す。
タイトルをざーっと眺めて、おおこんな本読んだんだ。というのを手にした。

NHKの歴史ドラマを観るようになってから、その年に放送される時代のことがいろいろ話題になることがおおい。中学生の頃は図書館に歴史の本が一揃いあったので、面白そうなのをいくつか読んでいるが、記憶もあいまいになってしまっている。

さて、本書の中からいくつか紹介しよう。

1543年(天文12年)鉄砲伝来。

種子島に難破船が漂着した。船には中国人らしい人と別の外国人らしい人が乗っていて村の領主西村織部丞に報告された。西村織部丞は、たまたま漢文の素養があったので、砂に漢字を書いて、中国人と筆談することに成功した。中国人の男は、「大明の儒生、五峯」と名乗った。一緒に乗っていた外国人はフランシスコ、キリシタ・ダ・モッタという。

 西村織部丞は五峯との筆談を終え、聞き取った内容をまとめて書状とし、島主種
子島時堯に報告をし、どう処置すべきかの指示を仰いでいる。
 すると、折り返し、時堯からの命令があった。「すぐ赤尾木に連れてこい。直接、
引見したい」というのである。
 難破船を修理し、種子島時堯の居城のある赤尾木まで曳航させている。
 待ちかねていた時堯は、すぐ鉄砲の試射をさせた。十六歳の少年領主の目が好奇
心で輝いたのではなかろうか。それまで、飛び道具としては飛礫の石、弓矢ぐらい
しか知らない当時の人びとにとって、鉄砲の飛距離、それに破壊力は驚きであった。

時堯は鉄砲を二梃買い取って、一梃を分解させたという。分解させただけでなく、似せて城下の鍛冶屋に鉄砲を造らせたのだ。日本製の鉄砲が作れるほどに種子島は砂鉄の島で腕のよい鍛冶屋が揃っていたということだ。たまたま種子島に流れ着き、領主の好奇心に支えられ、城下には鍛冶屋が栄えていたという好条件が重なって、全国に種子島の鉄砲が伝わることになる。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『名場面でわかる日本の歴史』 兎夢のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる