『コロナ後の世界』

『コロナ後の世界』 大野 和基[編] 文春新書 コロナが蔓延してきた昨年6月ごろに世界の知性6名へ追加インタビューして編集されたという。 6名とは ・ジャレド・ダイアモンド ・ポール・クルーグマン ・リンダ・グラットン ・マックス・テグマーク ・スティーブン・ピンカー ・スコット・ギャロウェイ である。 全員…
コメント:0

続きを読むread more

『「数字」が読めると年収がアップするって本当ですか? 』

『「数字」が読めると年収がアップするって本当ですか? 決算書オンチのための「会社の数字」が肌感覚でわかる本』 古屋悟司(著), 田中靖浩(監修) 日本実業出版社 この本は、2019年11月に紹介した 『「数字」が読めると本当に儲かるんですか?』 の姉妹本である。 先に紹介した本は、古屋氏が体験し、会社の経営をどうやって立て直…
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年 丑年 元旦

新年あけましておめでとうございます。 昨年は、たくさんの方々に訪れていただき、たくさんのお気持ちをいただきありがとうございました。 コロナ禍の中で迎える新年は、静かに暮らしていこうかと思っています。 なかなか旅行にも行けない状況が続きますが、読みたい本は沢山ありますので、様々な情報をお伝えできるよう努力していきますので、本…
コメント:0

続きを読むread more

『史上最高のセミナー』

『史上最高のセミナー』 マイク リットマン,ジェイソン オーマン きこ書房 今年最後に紹介する本 最後にふさわしいと思うちょっと堅めの内容であるが、広く読んでもらえると嬉しい。 ラジオ番組で、マイク・リットマン氏が、現代のスーパー成功者にインタビューした内容を本にしたものである。 原書は2002年の発行。翻訳は2006年…
コメント:0

続きを読むread more

『ディープラーニング活用の教科書』

『ディープラーニング活用の教科書』 日経クロストレンド (編集), 日本ディープラーニング協会 (監修) 日経BP社 現在の人工知能(AI)の中心にいるのがディープラーニングという技術であるが、この技術を活用して何ができるのかを示したのが本書である。 2018年10月の発行なので、既に2年たち、ここに書かれている事例は、更に強化…
コメント:0

続きを読むread more

『未来を読む』

『未来を読む ~AIと格差は世界を滅ぼすか~』 大野和基インタビュー・編 PHP新書 随分前に予約したので、どの著者名で探し出したのか忘れてしまった。  ジャレド・ダイアモンド  ユヴァル・ノア・ハラリ  リンダ・グラットン この3人の内の一人だろう。それぞれ有名な著書に 「銃・病原菌・鉄」 「サピエンス全史」 …
コメント:0

続きを読むread more

『スター・ウォーズ ダース・プレイガス』

『スター・ウォーズ ダース・プレイガス』 ジェームズ・ルシーノ 角川文庫 久し振りにスター・ウォーズの本である。 映画は完結してしまったので、サイドストーリーを楽しもう。 文庫本で上下2巻の物語。 皇帝パルパティーンがダース・プレイガスの弟子となり、ダース・シディアスとして成長しながら、シスのトップになっていく物語である…
コメント:0

続きを読むread more

『負けてたまるか! リーダーのための仕事論』

『負けてたまるか! リーダーのための仕事論』 丹羽 宇一郎 朝日新書 リーダーは、どうあるべきか? 企業や組織のトップだけがリーダーなのではない。 その事業とかサービスを牽引していく人がリーダーであり、リーダーの素質がある人が、皆を引っぱっていくことになる。 事業を推進した著者の例では、  I社の副社長時代、私達は…
コメント:0

続きを読むread more

冬の季節入り

年に4回の節分 昨日は、立冬だった。 今年ももう冬に入ったのか。 各地で雪の便りが聞こえるようになってきた。 花札の菊に盃は、9月 菊の季節は秋 日陰に生えているからか、冬になるころに咲き始める こっちは、1年に何回も咲く どんどん背丈が伸びていく。 冬に一度短く剪定しようか。
コメント:0

続きを読むread more

『「数字で考える」は武器になる』

『「数字で考える」は武器になる』 中尾 隆一郎 かんき出版 こちらも昨年紹介した『最高の結果を出すKPIマネジメント』を著した中尾氏の著作。 ビジネスパーソンに必要なことは、数字で表すことだという。 数字は明確であり、理解しやすいので、説得力がある。 会社の経営層も数字で考えているので、その数字で語ると説得しやすい。 …
コメント:0

続きを読むread more

蜜柑

実家の庭に植えてある蜜柑の木に沢山の実が成った。 緑の頃はもっと小さいのが成るのかと思っていたが、予想以上の大きさになった。 黄色くなってきた部分もあるが、まだ表面が緑っぽいので、まだちょっと早いような気がする。 今でも十分食べておいしい。
コメント:0

続きを読むread more

『定年前後「これだけ」やればいい』

『定年前後「これだけ」やればいい』 郡山 史郎 青春新書インテリジェンス 昨年紹介したのは、「やってはいけない」の方だったが、今回はその続編。 「やってはいけない」ことを書いたら、では、何をすればいいの? という質問を受けたので、続編を書いたという。 3000人を超える人たちの再就職を世話してきた中で、こうすれば、再就職…
コメント:0

続きを読むread more

『ワーク・シフト』

『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉』 リンダ・グラットン プレジデント社 リンダ・グラットンのライフ・シフトを読みたかったのだが、図書館で予約が一杯だったので、その前に書かれた本書『ワーク・シフト』を読むことにした。 読書時間がめっきり短くなって、なかなか読み進まない手ごわい本なので、まだ半…
コメント:0

続きを読むread more

ヤモリ 毎晩のお客さん

実家では毎晩のようにお客さんがやってくるという。 お客さんって誰? と思ったら、 ヤモリさんだった。 家の守り神と言われるようだが、なぜだろう。 写真は、玄関。 お勝手の窓にもいたそうだが、そっちのはまだ小さいらしい。 ここ数日は見かけていないという。 親子なのかな。 ヤモリは背中側は黒っぽ…
コメント:0

続きを読むread more

『こんな長寿に誰がした!』

『こんな長寿に誰がした!』 ひろさちや 青春新書プレイブックス 長寿は喜ばしいことであるが、健康長寿ならではのことだ。 日本の現状を、別の角度から見てみると、本当にいいことは何かが見えてくる。 老いて、子どもたちに何ができるか? 体力もないし、頭の回転も遅く、動作も不安定になって。 昔の話に、年老いた親は、棄ててし…
コメント:0

続きを読むread more

『北海道の逆襲』

『北海道の逆襲 ~眠れる"未来のお宝"を発掘する方法~』 井上 美香 彩流社 この出版社からは『群馬の逆襲』『高知の逆襲』という本も出版されているようであるが、著者は別のようである。 さて、その中の一つ、『北海道の逆襲』であるが、著者が長年住んでいる札幌市には小生も4年ほど住んでいたので、当時からだいぶたって様子も少し変わった。…
コメント:0

続きを読むread more

『2020年までにお金持ちになる逆転株の見つけ方』

『2020年までにお金持ちになる逆転株の見つけ方』 菅下 清廣 青春新書プレイブックス 2020年の今年、題名に2020年と書いてあると手に取ってしまう。 奥付をみると2015年の発行。 5年前に2020年を予測しているのか、さて当たっているのかなと思って読んでみた。 「アベノミクスで、株価上昇」はあたった。 「物価上…
コメント:1

続きを読むread more

荒川の上流。川下りで有名な長瀞の手前に、鮎料理が食べれるところがある。 川沿いの、古民家の中で食べる鮎は美味しい。 外見は古い古民家だが、内部は新しくしてあるところもある。この家は、各個室も廊下もそのままだった。 きれいに作り直してあったのは、トイレだけだ。ここはさすがにリフォームが必要だったと見える。 …
コメント:2

続きを読むread more

イモ掘り

5月に花が咲いていたジャガイモだが、無事にイモができたか。 近所のある家にちょっとした畑がある。ときおり色んな野菜が植わっていて、成長したら収穫されて、また更地になって、しばらくしたら別の野菜が植わってを繰り返しているのだが、今年は、ジャガイモが植わっていた。 この畑のジャガイモが収穫されたら、きっと収穫してもいい時期あんだろう…
コメント:1

続きを読むread more

『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』

『【2019年ビジネス書大賞 大賞】AI vs. 教科書が読めない子どもたち』 新井 紀子 東洋経済新報社 2018年に発行されて、図書館で予約して、2年待ちで手元にきた。 たまに、本やで立ち読みしながら、過ごしてきたが、今回、まとめて読めた。 とは言っても、まだ、お題の3章の途中である。返却期限が近づいているので、紹介し…
コメント:1

続きを読むread more