『日本を殺すのは、誰よ!』

『日本を殺すのは、誰よ!』 新井 紀子,ぐっちーさん 東邦出版
なにやら物騒なタイトルだが、まともな本である。

数理論理学を専攻しAIプロジェクトにも携わる新井氏と投資銀行家で経済評論家のぐっちーさんが日本の地方を復活させるための活動をしてきた成果を対話的に交互に論じている。

少子高齢化が進む中で、地方都市の進むべき正しい方法論が書かれている。
現実的ではない政策をやめ、将来を見据えてみんなが幸せになるアイデアがちりばめられている。

[ぐっちー]
 新井先生ご指摘のように、女性が活躍する社会を考える場合に「トイレ問題」というの
は実に面白い切り口だと思います。
 いまも新しい施設が日本中にできていますが、女性のトイレ事情を意識している建物が
どれだけあるでしょうか。私の知る限り、設計しているのがだいたいおじさんなので、こ
の点についてはよほど頑張らないとどうしようもない、と思っています。
 尾籠な話で恐縮ですが、僕は洋式トイレしか駄目なのですが、恐ろしいことに岩手県と
いうところは2020年になろうとしているこの時代に、いまだに和式トイレがほとんど
なんです。仕方ないので、ワタクシ、洋式トイレのある場所をチェックした地図をいつも
持ち歩いています。嘘じゃないですよ。個々の建物の左から2番目と3番目だけが洋式、
シャワートイレ付、なし、なんて細かい情報まで書いているのです。
 広島市でマツダスタジアムを作るとき、最初の設計では女性トイレの半分が和式でした。
「おまえ、バカか」と。「もう、全部洋式だ」と当時のある会合で言ったところ。やはり男
性陣は「えっ、洋式にする必要あるんですか?」とキョトンとする。トイレを綺麗にする
と女性が来るという想像力がゼロだったのです。でも、やってみるとマツダスタジアムは
いまや女性客が60%で男性客が40%と、完全にひっくり返っているのです。2017年は
すべての女性トイレにシャワートイレが導入されました。
 いまや、カープ女子に触発され、プロ野球12球団がどこも女性客の集客に力を入れ始め
ましたが、肝心なポイントがずれているような気がします。"オリ姫"だか"虎ガール"
だか知りませんが、そういう"ラベル付け"はどうでもよろしい。ビジネスの観点からモ
ノを見る、という必要があるわけです。

ぐっちーさんは、つづけて、スタジアムのビールの売り上げもトイレを改善すると上がると指摘する。なぜなら、「ビールを飲むと、トイレにいきたくなる」、逆に「トイレが汚い、並ぶのも大変と思うとビールも飲めない」というわけだ。
トイレを改善すると女性客が増える。ビールの売り上げもあがる。夫婦で来てたら、亭主がどんなに飲んでも、自分も飲むので文句いわない。
さらに、これからは、車椅子のスペースとか、高齢者にやさしい移動方法が必要になってくる、と言う。

そうだよね、スタジアムの観客席はとても急だから階段を昇り降りしないといけないのは厳しいよね。
若者とか健常者しか考えてなかったということだよね。

パラリンピックの会場はどうなってんのかな?

最近、リベラルアーツという言葉を聞く事が増えてきたような気がする。

[ぐっちーさん]
 アメリカの大学というと、皆さんからハーバード、コロンビアなどのアイビーリーグの
大学ばかり名前が出てきますが、本当に偏差値が高いのはそのリベラルアーツを専門に教
えているカレッジです。アムハースト、ウィリアムズといったようなリベラルアーツ系の
大学は非常に偏差値が高いのです。要するに「人間が必要な知識はうちで教えるから、あ
とは自分たちでハーバードでもコロンビアでも好きなところに行ってくださいね」という
スタンスなわけです。そんなリベラルアーツの単科大学がアメリカにはまだ500以上
残っている。どこかの国のように、「大学は専門教育を充実し、教養課程は必要ない」な
んて言っているのとは大違いなんです。いまこそ、これだけAIが比重を増やしてきたい
まこそ、リベラルアーツが必要です。もっと言うと「哲学」と言い換えてもいいかもしれ
ません。これまでは科学>哲学(人間の学問)という認識でやってきましたが、これから
は哲学>科学にならなければいけないのではないでしょうか。
 これは蛇足ですが、アメリカの私立大学は成績によって入学が決まるのではなく、成績
に応じた支払い金額とのマトリックスで入学が決まります。縦軸にテストの点数があり、
横軸に金額が書いてある。テストの点が高いほうが入学金・学費とも安いわけです。

カネを積めば、誰でも入れるのかというと、そういう訳ではなく、一定の水準を満たしていれば、合格通知がもらえて、さらに、成績が良いほど費用が安くなるという。

リーズナブルといえばいえる仕組みだ。学費が高いというのは自慢にならず、成績が低いと言いふらすようなものになる。学費を出せない人は、頑張って成績をあげれば、多少借金して入れるようになる。

 大学は、優秀な人が社会にでて活躍してくれれば、あとから寄付金として戻してくれることも期待できるから大学にいる間は、安くしても、長く見ればうまく回る。

さて、哲学といえば、アリストテレス

[ぐっちーさん]
 経済学でアリストテレスに当たるものとなると、やはりそれはマルクス以外にないで
しょう。ただ、悪いことに「俺は読んだ」と言う人はたくさんいるのですが、私から見る
と「理解している」人はほとんどいない。にもかかわらず、理解もできていないくせに、
「マルクス主義は終わった」「マルクスの主張は過去のものだ」と言うわけですね。
 正直、全くもって終わってません。資本主義のメカニズムはマルクスによってほぼ全容
が解明されているといっても過言ではありません。
 その意味で、資本主義のメカニズムをきちんと説明しているのはいまだにマルクスだけ
です。そのあと出てきた経済学者はたくさんいますが、結果論に過ぎません。ケインズが
いい例で、「メカニズムはよくわからないけど、みんなに人気があるものの値段が上がる
んだよ(有名な『美人投票』の例)」として、そのメカニズム自体を解明することはあり
ませんでした。「そりゃ、需要が供給より多ければ値段が上がりますよ」と言っているだ
けで、なぜ需要が供給を上回るのかという分析がないため、なんの解明にもなっていない
のです。
 マルクスをちゃんと読んでいる人は、マルクスが書いたことがまさに現実に起きている、
ということに気がついています。トップクラスの経営者たちはすべてマルクスを読んでい
ます。スティーブジョブズもジェフ・ベゾスもマルクスを熟読しているのです。企業家
のみならず、私のような金融の最先端で仕事をしている人間や、同業の友人もです。ケイ
ンズではなく、マルクスに原点があるのです。
 結局、「なぜ人間はお金に対して欲望があるのか」とか「その儲けたお金はどこに行く
のか」といった人間の欲望のプロセスを解明したのはマルクスだけなので、彼の理論を理
解せずして、いま起きていることはもちろん、この先に起きることも全く意味不明、とい
うことになってしまいます。
 最後にマルクスは資本主義の崩壊を予言しましたが、「では、どうすればいいのか?」
というヒントを求めて、必死にマルクスを読んでいるというのが現実です。ですから、読
者の皆さんも、つまらない漫画版ドラッカーなんかを読んでいる場合ではありません。マ
ルクス、必読です。

最近、NHKのEテレでも哲学者を取り上げた番組をやっていると思ったら、やっぱり、教養の基礎は哲学からなんだ。

引用部分は、みなぐっちーさんの文章になってしまうが、最後も

[ぐっちーさん]
 私はアメリカで30社以上企業をしており、最近始めた日本でも数件成功しています。そ
のほとんどが、30代の若者たちとのプロジェクトです。そのなかで還暦間際のワタクシが
やっていられるのは、ひとえに"普通のオジサン"じゃないからです。だから若者から声
がかかる。同じ言語でしゃべれると言い換えてもいいかもしれませんね。
 そのノウハウを開示してみたいと思います。これができれば鉄板ですぞ。早めに準備い
たしましょう。使えるオジサンになるために!

文章を引用すると長くなるので、8か条の見出しを列挙すると

[1]本当の友人を作る
[2]若者に興味を持つ
[3]人の話を聞く
[4]大企業の経験をとうとうと語らない
[5]金を出す
[6]見守る忍耐力を発揮する
[7]女性を蔑視しない=彼女たちの能力を最大限活用する
[8]可愛い中年(老人)であること

この8か条の締めくくりは

 言いたいことは、これからの世の中は彼ら、若者が自分たちで作っていくのだから、一
歩引いて、彼らときちんと話ができるオジサンになってほしいということです。
そこからあなたの老後の人生がもう一度開けます。

本書最後の章はトラスト、信用と信頼である。
お互いに信頼・信用して、共に暮らす。AIがどんなに入ってこようとも、人間としてのトラストは重要である。

AIが受け入れられないのも、AIの動作が信用できない、予測できないということにもある。

AIに限ったことではない。ダイバシティにも、外国など文化の違う人たちとコミュニケーションするには、相手の文化を知り尊重することが必要である。

ジェスチャーも国によって解釈が異なることを知らなければ、YesがNoになってしまうのだから。
こちらの意図が全く伝わっていないということも起きる。

誤解して対立してしまうのはよくない。それぞれの立場の違いを理解していくには直接の対話、コミュニケーションが重要になる。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック