『週末作家入門』

『週末作家入門 ~まず「仕事」を書いてみよう~』 廣川 州伸 講談社現代新書
将来、本を書いてみるのも面白いかなと思うのだが、そうそう皆に好まれるテーマは思い浮かばない。

ブログの延長のようなエッセイを出しても、誰も買ってくれるとは思えない。
何か指南書はないものか? そんな時にこの本を見つけた。

とにかく、何か書き始めてみてはどうかという。

 もちろん、平日にはなかなか自由時間がとれません。そこで、週末の自由時間を「作
家」のつもりですごします。
 たとえば、土曜日の深夜。普通ならとっくにお酒を飲んで眠っている時間帯に、一人で
創作ノートに向かう。気分はもう作家です。
 自分を主人公にして、エッセイの一つや二つ、書いてみます。最初は、ぎこちない作品
になるでしょう。作品とは名ばかりで、とても人様にみせられるシロモノではありませ
ん。でも、それでいいのです。
 自分で書いてみる、これが作家への第一歩。
 書いているうちに、「あれ? こういうときは、どのように書くのだろう」と気になっ
てきます。すると、それを課題として頭に置きながら、本を読むことになります。
 たとえば、「人はどんな顔をして笑うのだろう」と気になったとすれば、本を読むとき
に人が笑っているシーンに出会うと「なるほど」と思うはず。そこで模倣が始まります。
しばらく模倣をしているうちに、これがまた不思議なのですが、だんだん飽きてきて、別
の表現を使いたくなる。そこから、独創性への旅が始まります。
 いずれにせよ、大切なのは「気分」なのです。
 作家を目指して、血のにじむ努力をして根性で登りつめるというのではつまらないでし
ょう。作家になりたいのなら、少なくとも、ものを書いているうちは「作家気分」を味わ
う、それでいいとわたしは思っています。

何ごとにも、「型」というのがあるという。基本の形というものだ。

先達がやってきたことを模倣する。芸術の世界では当たり前のプロセスだ。
型ができたら、そこで満足することなく、型を超える独自性というのをやってみたくなる。

型を超える、つまり「型破り」なんだとか。

型がないまま、適当にやっていると。「形無し」になってしまう。

取り敢えずは、模倣から初めて、その型を習得したら、自分なりにアレンジしていく。
なるほどである。型が出来るまでは、修行の道だが、楽しみながらやれるに越したことはない。

本を出版しても、売れるとはかぎらない。自分が書きたいテーマがあっても読者ができなければ、無名の作家の本を手に取って、さらに購入してくれる人は少ない。

どういうテーマで書くかは、マーケティングが重要だろう。

 似たようなテーマの本、すなわち類書があるかどうかは、本の企画が成立するかどうか
の重要なポイントです。
 そこで、書店で調べるだけではなく、アマゾンなどのネット書店の検索機能を使って、
自分で提案できるジャンルで、そのテーマについての類書をピックアップします。
 もし、類書がなかったら……。
 その本を読みたいというターゲットが極端に小さいのかもしれません。逆に、誰も気づ
かなかった「コロンブスの卵」かもしれませんので、この手の企画は慎重に進めていき、
新興出版社に持ち込むべきです、ひょっとしたらダイヤモンドの原石かもしれません。
 もし、類書が少なかったら……。
 ただちに、自分が書きたかった内容に近い類書を買ってください。そのときに、その他
の類書を手に取り、それが「何刷り」なのか、本の奥付(最後のページ近くの発行日などが記
されているところ)で確認しておいてください。これが初版「1刷」発行ではなく、増刷さ
れていれば「売れた」証拠です。
 売れたということは、そこに読者がいること、市場があることの証明になります。
 ただし「2刷」の場合には、判断はまだ微妙。
 本の場合、書店への流通を担当する「取次会社」があり、そこを通して書店に並ぶ形に
なります。書店は、売れて在庫がなくなれば販売機会の損失になりますから、「これは売
れそうだ」と思えば、早めに取次会社に注文を出します。一方、出版社では取次会社に集
まってくる各書店の注文状況をみながら、増刷するかどうかの判断を下します。もともと
書店からの注文には「売れそうだ」という予想も入っているため、出版社が重版(刷り増
し)をかけた結果、思っていたほど売れずに数ヵ月後にどっと返品されてくるケースもよ
くあることです。

紙の本は、なかなかに流通の仕組みと再販制度という返品可能な仕組みがあるので、こういうところにも気を配っておくと、売れそうなテーマを見つけられるということだろう。

電子出版の場合は、コピーがどんどん積み上がっていくだけなので、何刷というのはないので参考にならない。
電子出版のハードルは紙媒体より低いのだろうか?






"『週末作家入門』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント