テーマ:パソコン

『スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ』

『スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ』 ジョージ・ビーム(編) 知的生きかた文庫 本書冒頭に  2011年11月夏、「アップル」は巨大石油企業「エクソン・モービル」を追い抜いて 株式時価総額で世界一の企業となり、業績は創業以来最高をたたき出した。  栄光の絶頂を走っていると思われた10月、アップルの創業者スティーブ・ジ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『シンギュラリティは近い』

『シンギュラリティは近い[エッセンス版] ~人類が生命を超越するとき~』 レイ・カーツワイル NHK出版 2月に『ポスト・ヒューマン誕生』を紹介したが、そのエッセンス版が本書である。 『ポスト・ヒューマン誕生』は、661頁もありかなり分厚い本である。 シンギュラリティが最初に説かれた本なので、分厚くても全部読めばその価値はわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンターの故障

昨年の年末に買ったプリンターの液晶が写らなくなった。 2、3か月使ってなかったのだが、プリンターの電源を入れても、液晶画面に何も出てこない。 コンセントを繋いだら、電源ランプが点灯したので、変だなと思ったのだが、しばらく待っても、電源ボタンを押し直しても液晶画面が出てこない。少々暑い部屋においてあったからかと思って、エアコン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『誰が「知」を独占するのか-デジタルアーカイブ戦争』

『誰が「知」を独占するのか-デジタルアーカイブ戦争』 福井 健策 集英社新書 インターネットの世界は、知識の保管庫でもある。 一度、インターネットの世界(ブログ、ツイッターなどのSNSやWebサイト)に投稿された情報は、Googleなどの検索エンジンに吸い取られ、永遠にアーカイブされる。 集められた「知」は、誰かが検索され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンタが...   壊れた

年賀状の印刷の時期になると、今年はプリンタが持つかと心配になっていた。 今年も大丈夫かなと思っていたのだが... 先週、宛名の一覧表を印刷したときは、まだなんとか印刷できていた。 今日の午後、さて、年賀状の図案を印刷用のソフトで作って、さて印刷。 あ~れ? 色がおかしい。 どうやら、シアンがでていない。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

パソコンでビデオ再生

ビデオレコーダーに録画したものをパソコンで再生したいのだが、うまくいかない。 ビデオレコーダーの規格をみるとDLNA規格に準拠しているというので、DLNAの再生用ソフトでいいものはないかと探しているのだが、どれがいいのか探し切れていない。 以前はビデオレコーダーのメーカーが対応ソフトを販売していたのだが、いまはソフト会社の製…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インストールがうまくいかない

子どもがパソコンのソフトをダウンロードしてうまくインストールできないので、見てという。 Adobe ReaderやAdobe Flashのインストールができないという、インストーラをダウンロードして、そのあとインストーラの途中で「接続できない」というエラーになるという。 何で??? と思いつつ、ま、みてやるか。と思って、もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『計算機と脳』

『計算機と脳』 J.フォン・ノイマン ちくま学芸文庫  コンピュータの原理について勉強するとたいていでてくるのが「ノイマン型コンピュータ」というやつ。その名前の由来になっているのが、このJ.フォン・ノイマン氏だ。戦時中にアメリカ軍で弾道ミサイルの軌道計算の為に開発していたのがノイマン氏たちだ。 この本は、計算機の研究をしていたノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『おもてなしの経営学』

『おもてなしの経営学 ~アップルがソニーを超えた理由~』 中島 聡 アスキー新書  本書はジョブズが亡くなる前に出版されている。中島氏はブログやツイッターで発信しているが、それを読んでいない人は、この本で中島氏に触れるのもいいだろう。  さて、「おもてなし」について、著者はuser experienceの訳だという。『ユーザー・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『イノベーションのジレンマ』

『イノベーションのジレンマ~技術革新が巨大企業を滅ぼすとき(増補改訂版)』 クレイトン・クリステンセン Harvard business school press/翔泳社  そろそろビジネス書を手にしたくなった先月中旬。どこで見つけたのかよく覚えていないがどこかのサイトを見ていて「イノベーションのジレンマ」という言葉にであい。それは何…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

アバター Avatar

 映画アバター見ましたか? 小生、久しぶりに映画館へ足を運ぶことにしました。普通の映画ならDVDが発売されたり、TVで放送されるまで待ってもいいやと思ってしまうのですが、3D映像を見るならやっぱり映画館かなと思いましたので見に行くことにしました。眼鏡がないとTVもろくに見えないくらい視力が悪いので、3Dメガネはかけずらいとは聞いてました…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「忘れる脳」の構造改革

『「忘れる脳」の構造改革』 千葉 康則 小学館文庫  医学博士 千葉先生が解き明かす「脳のしくみ」です。脳の働きを「忘れる」という観点から解き明かしていきます。  第1章、第2章は、人間の脳と動物の脳を比べながら、どんな働きをしているのかを紹介しています。第3章からが本題でまずは「間違え方のいろいろ」と題して脳の記憶は、結構間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーチエンジン・システムクラッシュ

『サーチエンジン・システムクラッシュ』 宮沢 章夫 文春文庫  パソコン好きにとってはサーチエンジンは愛用のインターネットの検索機能を思い出すしシステムクラッシュは、趣味でも仕事でもあまりあって欲しくないことなので、どんな小説なのかなと思って読んでみました。  本書にはタイトル作ともうひとつ「草の上のキューブ」という作品が収録さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳年齢若がえり!大人の5分間トレーニング

『脳年齢若がえり!大人の5分間トレーニング』 川島 隆太 だいわ文庫  20代、30代が若さのピークではあるが、年齢が上がっても若若しい才能を発揮している人とそうでもない人に分かれてくる。この本は、脳年齢を若く保つにはどうしたらよいのかが、現在判っている脳の仕組みを元に解説している。 最近では高齢になってきた時の認知症やアルツハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パソコンのOSが壊れた

1週間前にパソコンのOS(オペレーティングシステム)が壊れた。 1週間かかったが、まだ完全復旧には至っていない。 その顛末は... 最初の現象はパソコンの動作が異様に遅くなってきたことだ。 タスクマネージャでCPUの使用状況をみたらsystemといういつもはほとんど稼動していないプロセスがほとんどのCPUタイムを使っていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more