兎夢のつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『西尾維新対談集 本題』

<<   作成日時 : 2017/01/02 11:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 0

『西尾維新対談集 本題』 西尾 維新 講談社文庫
西尾維新の小説のジャンルはライトノベルだというが、ライトな感覚がアニメ化するのによかったのかもしれない。

この対談集では、小説をどのように作っているのかなど創作活動の一端がのぞける。

小説にでてくるキャラクターについて、こんなことを言っている。

小林 うん。キャラクターには、やつらの意志があるのでね。
西尾 ですから、物語の作者としては、ある時点からは「キャラクターの邪魔をしな
いこと」こそがやるべき仕事みたいになっていくように思います。
小林 キャラクターって、知り合いとして存在するものじゃないですか。それが面白
いんですよね。鼻兎にしても、いまだに僕の中には知り合いとして存在していますか
らね。鼻兎のことを知っている人と話す時に「鼻兎だったらこの時こうするよね?」
なんて話すんですよ。……ってことは、もう知り合いとして存在しているってことじ
ゃないですか。
西尾 自作のキャラクターに関しては、世に発表したり、あるいはアニメにしてもら
って、制作にいろんな人が関わるようになると「……あ、もう完全に僕から離れてい
ったな」という感覚が出てきますね。

でき上ったキャラクター像が、勝手に動き出すみたいなものなのかもしれない。
続編がいくつもいくつもでている物語だと、このキャラクターは、この場面では
この選択をするだろう、こんな反応をするだろう、こんな言葉をいうだろう、という
のが、出来上がっていて。作者が、そのキャラクター性を無視して、違う言動を
させてしまうと、キャラクターの性格が変わってしまって、読者や視聴者を裏切って
しまって、作者は恨まれることになる。

キャラクターに限らず、ことばでの表現へのこだわりについて

小林 僕は、言い回しに関してはちょっと方針が逆なのかもしれません。できるだけ
簡単な言葉にしたくなるんですよね。それはもしかしたらさっきの「スプーン曲げ」
の原理でそうしているのかもしれないですが。曲げるものがスプーンである、つまり
みんなの知っている道具を使うということでほめられないだろうか、という。
西尾 そのスプーン曲げの話で言うと、僕の場合は、「わけのわからない謎の物体」
を出してしまって「何それ?」っていうところで興味を引きたいというやり方なのか
もしれません。
小林 確かに、その通りだわ。
西尾 そもそも、曲がるかどうか、硬いかやわらかいかではなくて「……それ、何な
の?」というような(笑)。不思議感を味わっていただいたのちに、その「何か」の
正体で読者が驚いてくれたらさらにうれしいな、という……。
小林 それが、西尾維新という作家の人気の秘密なのかもしれないですね。なるほど
なぁ。……何か、これまでの話を聞いてから、もう一回、西尾さんの小説を読んだら
見方がまた変わりそうな気がします。すごくいいことを聞いたな。

西尾氏は、常に何か面白いもの、驚きを感じさせるものを探しているのかもしれない。
読者の意表をつくことで、新しい物語をつくっている。

小説とは?

羽海野 私の担当編集者の方が言っていたんですが、小説家の山崎豊子先生が取材者に軽
く「先生にとって小説とは何ですか」と振られた時、山崎先生は凍りついたように動
かなくなってしまった。しばらく経ってから「……小説はおそろしい! 私から、何
もかもを奪っていってしまった……」と(笑)。「あぁ……」「そうですよね……」と
いう話ですよね。
西尾 (笑)あぁ……。訊いた人はあいさつ代わりだったかもしれないんですよね。
でも、その質問にさらっと答えるわけにはいかなかったのでしょう。そういう話を聞
いていると、もう最終的にはそんな闇を抱えながらも、世間の夢を壊さないと言う
か、ごく普通に「いやぁ、子供の頃から小説が好きで、自分の読みたい小説、何で
こういう本がないんだろうなと思ってペンを執りました」と、さらっと表に出す回答
を決めている人が最終的には「ほんとうの作家」なのではないかという気さえしてき
ますね(笑)。

よく記者がする質問への答えで、これは、流用ができそうだ。

「あなたにとって〇〇とは何ですか?」
と問われて、〇〇が、問われた方の仕事であるなら。
「……〇〇はおそろしい! 私から、何もかもを奪っていってしまった……」
と。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『西尾維新対談集 本題』 兎夢のつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる