『プロフェッショナルの鍛え方』

『BBTビジネス・セレクト10 プロフェッショナルの鍛え方』 内田 和成/高橋 俊介 BBTビジネス・セレクト
 世の中に存在しなかったビジネスを生み出す経営者を育てる仕組みについて、本書では企業を創業してきた方々に焦点をあてながら解説している。

 マッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループ出身の経営者の独自の経営観。アンダーセンコンサルティング社での経験を生かして創業した方々。起業をめざしている若い方たちには是非考えていただきたいことが一杯書かれています。

本書ではこんな方々が紹介されています。
・ディー・エヌ・エー代表取締役社長 南場智子氏
・ソネット・エムスリー代表取締役CEO 谷村格氏
・GDH代表取締役兼CEO        石川真一郎氏
・リプラス代表取締役CEO       姜裕文氏
・アクティブ・インベストメント・パートナーズ代表取締役 青松英男氏
・ケンコーコム代表取締役      後藤玄利氏
・サキコーポレーション代表取締役  秋山咲恵

現在も企業を成長させその中で人材を活用しているビジネスパーソン達に学ぶべき事は多い。巻頭、巻末には大前研一氏による解説もついている。大前氏による南場智子氏の紹介文は面白い。

 彼女は1999年に私のところに挨拶にきて、インターネット・オークションをやりた
いというので、「ヤフーに勝てないからやめとけ」と忠告した。それにも関わらず起業し、
今や、携帯電話でのゲーム&SNSサイト、オークション部門などで急成長をしている。
 彼女のエピソードで思い出すのが、「売るものがないから何かください」と私を訪ねて
きたときのことだ。
「何、バカなことをいっている」と断ると、南場氏は「それをください」といってきたのだ。
「大前研一の罵声を、15分、電話で浴びる券」というのが彼女の最初の商品となった。ディー・
エヌ・エーのオークションサイトであるビッダーズでオークションされたその商品は、さ
まざまなジャンルで取り上げられることとなり、大変な宣伝効果があったという。
 それからしばらくして、また電話がかかってきて、
「どうもありがとうございました。大前さんに3億円もらいました」
というから、何のことだというと、その券が7万2000円で売れて、マッキンゼー時代
に大前さんに怒られた時間を掛け算すると、ちょうど3億円になったというのだ。彼女の
機転の利く聡明さをよく表しているエピソードだ。

本書で紹介したい内容は沢山あるけれど、あんまり引用しすぎるのも良くないので引用はこのくらいにしておく。

いずれの経営者についても、時代を先行して準備をすすめ、時代の流れに乗って成長しているように感じる。他者に一歩でも半歩でも先んじて物事を進めていくことが重要だ。

囲碁でもビジネスでも重要なポイントあり
・序盤は布石を打つ
・中盤にかかる頃には大場より急場
・中盤では大局観を持って全体を把握
・終盤は先手から詰める
人間の生業はどの時代になってもそれほど変わらない。科学技術や経済の動きは変化してもその底に流れる先達の知恵は役に立つ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『燃え立つ組織』

    Excerpt: 『BBTビジネスセレクト5 燃え立つ組織』 野田 稔 BBTビジネス・セレクト  「『プロフェッショナルの鍛え方』」に続いてBBTビジネスセレクトシリーズを読んだ。 Weblog: 兎夢のつれづれ日記 racked: 2011-05-07 14:39